ヒルトン大阪
スポンサードリンク
スポンサードリンク

ロケーションの良いヒルトン大阪

ヒルトン大阪とは、ヒルトンバイキング(ビュッフェ)等でおなじみの大阪にあるヒルトンホテルです。
欧米では何かとお騒がせなパリス・ヒルトンの情報が日本にも入ってきてるため、なんとなく……なイメージがあるヒルトンですが、国内はもちろん世界的にも優れたホテルであることは間違いありません。
特にヒルトン大阪は、ビジネス・トラベラー誌(アジア・パシフィック版)が選ぶ、大阪地区のベストビジネスホテルに選ばれました。
高級ホテルのイメージがあるヒルトン大阪ですが、ビジネスホテルとして評価されているのは意外という感じがしますね。アクセスのよさ、落ち着いた雰囲気などが大きく影響しているのかもしれません。
ヒルトン大阪はJR大阪駅より徒歩2分、空港からもアクセス便利なベストロケーションです。大阪駅前の西梅田エリアに位置し、ヒルトンプラザ ウエスト、ハービスENT、大阪四季劇場、ビルボードライブ大阪など、世界の一流ブランドショップやエンターテイメント施設が集まる注目のスポットです。

ヒルトン大阪のレストラン

宿泊プランも宿泊のみや朝食つきなど、シンプルなものが用意されているのもポイントでしょう。
朝食ももちろんビュッフェスタイルで、チェッカーズで食べることが出来ます。
ランチビュッフェは宿泊客以外でも楽しむことが出来ます。ヒルトン大阪内のレストランは、チェッカーズ、ウインドーズ オン ザ ワールド、王朝、源氏の4店舗ですが、源氏以外の店舗全てでランチビュッフェが楽しめます。
源氏でもプリフィクス会席ランチというメニューがあり、自分の好きな料理でランチコースを作れるサービスがあります。
それぞれのレストランでは、中華・和食・洋食など特色あるランチビュッフェが楽しめます。
源氏は和食のコース、プリフィクス会席ランチのほかにも、すし食べ放題・てんぷら食べ放題のサービスがあり、1人あたりの料金は、すし食べ放題が6,352円、てんぷら食べ放題が5,197円となっています。
ヨーロッパ風料理が食べたいなら、スカイラウンジ ウインドーズ オン ザ ワールドがオススメです。
ソフトドリンクつきで3,580円(土日祝日は4,042円)、世界の味覚が食べ放題です。

チェッカーズ

ヒルトンバイキングの代名詞ともなりつつあるチェッカーズでは、3,003円(土日祝日は3,349円)で、前菜からメインディッシュまで食べ放題です。
味にうるさい仲間も満足すること間違いなしの和・洋・中のメニューが揃っているので、皆の好みに合わせることができ幹事さんも大助かり。ブッフェとはいえ、常に出来たてを提供するこだわりはヒルトン大阪ならでは。デザートコーナーも充実しているので女性同士の集まりにもおすすめです。
もちろん宿泊客でなくても楽しめるのですが、一応ホテルのレストランですので服装には注意してください。サンダル・タンクトップなどでは入店できないお店がほとんどです。シャツなどは襟付きのもの、ズボンは丈の短いものは避けましょう。
ヒルトン大阪は宿泊してもすばらしいホテルです。大阪にお越しの際は是非利用してみてください。

ヒルトン大阪